作業員

自分でできる蜂退治方法

対策は充分に

散布機

毎年、蜂が家の軒下に巣を作ってしまい、困っているという方は多いでしょう。 蜂は、外にある木の中や、植え込みの中だけに巣を作るわけではないのです。 居心地が良いと感じると、女王蜂は毎年同じ場所に巣を作るので、とてもやっかいです。 一度巣を見つけたら、きちんと退治しなければなりません。 入り込みやすい穴などは、防虫ネットを使って塞いでしまいましょう。 春先から巣を作る習性がありますので、その時期にDIY店などに売られている駆除剤を散布して下さい。 蜂を直接捕獲する方法も有効ですから、木や庭先に吊るすタイプのものを利用してみましょう。 いずれも価格はそんなに高くなく、スプレータイプは2,000前後、吊るすタイプのものは1,000円以下で購入することができます。

蜂退治が人気の理由

できてしまった巣を、直接自分の手で退治したい方は、とにかく刺されないように防御することが先決です。 手袋や頭部を守ることができる商品なら5,000円前後ですが、全身をガードするとなると、50,000円から100,000円台のものが多いです。 特に、相手がスズメバチとなると、命に関わる危険が伴うことになり、とても危険です。 大きな巣ができてしまった場合は、専門業者に連絡するのが一番でしょう。 というのも、蜂退治は今や立派な職業の一つでもあるのです。 専門業者はきちんとした知識を持っていますし、専門の道具を使って退治してくれますから、巣を追い出されていた蜂が戻ってきてしまうこともありません。 点検や見積りが無料という業者が、現在人気を集めています。